こんにちは。rioです。

普段は事業会社でインハウスのWebデザイナーをしています。以前はWeb制作会社で3年半~4年ほど働いていたので、デザイナー歴自体はもう5年目になります。得意領域はWEB(デザイン+コーディング)ですが、最近は紙やリアルプロダクトのデザインも少しやる機会が増えてきました。

さて、そんな私ですが、アプリのUIデザイン自体は経験が全くありません。

以前から、今後本業だけでなく、副業でもデザインをしていくにあたって、まだ未経験の分野であるUIの基礎力と、純粋に自分のデザインの引き出しを増やす動きをしたいと思っていました。(制作会社と違い、事業会社では制作の時間が多い訳ではないので、自分から積極的にアウトプットしていないと、腕が鈍っていってしまいそう・・・という謎の焦燥感に駆られていました。)

そこで、せっかくなので社内でも噂になっていたCocoda!(Daily Cocoda!)を始めることにしました。(デザインがたまってきたら第二ステージとして、Swift UIでの実装も考えてます)ここではざっくりやってみての感想と、キャリアがある程度ある人がやる上でのメリットデメリット、実際のアウトプット内容を上げていきたいと思います。

そもそも何故Cocoda!なのか?

Cocoda!と言えばデザイン入門のためのサービスで、そこそこ業界で経験を積んできている人たち向けのサービスではないと思います。Daily系だとメール購読のDaily UIなどがありますが、

・平日忙しい合間を縫って作業時間を作ることになるので、総お題数が長すぎず短すぎず、尚且つある程度モチベーションの維持が可能なツール

・お題について、明確にターゲットが決まっていること

主にこの2点の観点でCococda!を使うことに決めました。

平日忙しい合間を縫って作業時間を作ることになるので、総お題数が長すぎず短すぎず、尚且つある程度モチベーションの維持が可能なツール

これについては言わずもがな・・・DailyCocoda!はお題数が現状50までです。(Daily UIの方は100までです。)日数換算でも1カ月半なので、まだ達成の確立が上がるだろう・・・というのと、Cocoda!にはリアクションを付ける機能がついているので、アップしたデザインに関してある程度反応が返ってきます。それがある程度モチベーションを維持するための要素になるだろうと予測しての選択でした。もともとめんどくさがりの性格もあって、会社でデザインをしていると、ついつい家ではゲームしてしまったり・・・「やらなきゃ」という感情で自分を縛る事が苦手なので、なるべくポジティブな状態を長期間維持できるものを探していました。

お題について、明確にターゲットが決まっていること

これについては、現場で実務をするにあたって「アプリのターゲットが全く決まっておらず、尚且つそれに基づいたペルソナ(ターゲット)自体をデザイナー側が決めることが少ない」という予測から選択したものでした。

アプリ自体のターゲットは事業が立ち上がる時に決まるもの(アプリ用にアップデートはあるかもしれませんが、大きく外れて違うものになる場合はそんなに多くないはずです)で、ペルソナを1から設定しなければならないような、新規のアプリをそれほど作る機会が多いのかと言われたら少し疑問も残ります。そのため、それをDailyで考えるのは目的から逸れてしまうので、元からターゲットが決まっている方が都合が良かったからです。

やってみた感想

「普通に作るのは楽しい。でも、ポートフォリオとして載せる前提で、そこそこのクオリティを維持したまま毎日やるにはかなり体力と気力がいる。

これに尽きると思います。

「毎日時間を決めてきっちりやる」よりも、「頻繁に手を動かす癖をつける」「副業のためのポートフォリオに載せられるものを増やす」方に重きを置いているので、ふつーに時間かかります・・・だいたい2時間くらい・・・ヒエ・・・・

なので、私は週1投稿でやる、というルールを設けることにしました(全然Dailyじゃねえ!)このあとメリットとして下でも書きますが、そうやってマイペースでやれるのがCocoda!の良いところだと思います。

そして、思っていたよりも反応してくれる人が多くてうれしかったです。続けるためのモチベーションとして機能していますね。

キャリアがある程度ある人がやる上でのデメリット・メリット

デメリット・・・というほどまでではないかもしれませんが、

現状、基本はデザイナーを目指す方や駆け出しの方が投稿していることが多く、経験者やちゃんとしたノウハウを持っている方が投稿しているケースは稀だと思います。タイムラインを見ていて参考になる場合もありますが、はっきり言ってそうでない場合も多いです。そのため、コメントでレビューをもらうことを目的としては使用することは避けた方が良いかと思います。

少なくとも私としては、淡々と作っておいたものを置いておく場所として使うのが良いかなあという感じです。副業との直結感がもうちょっとサポートされたら、これもまた変わるかもしれませんね。

次に、メリットですが、

・ターゲットが最初から決まっているので楽

・実際の仕事と同じように、「ある程度限られた条件の中で、デザインをし、何故そうであるかを明文化する」という筋トレが出来る(そこの部分に一番脳を使うので、必然的に絵作りに対しても理由付けが必要になり、とても健全・・・!)

・↑をやることで、デザインの引き出しも増える

・メール購読と違って溜まっていかない、仮にできなかった日があったときに、毎日やることに対してのプレッシャーが少なく、マイペースで進めることができる

とかでしょうか。

日々の仕事で出来ることってすごく限られているので、自分の出来ることを増やしたり、デザイナーとしての死を迎えないためにやってみる、というのはすごくいい使いかたかもしれませんね。

さいごに

アウトプットたちは以下に載っています。

https://cocoda-design.com/users/rio0504