去年くらいから外のデザイナーと会ったりする話したりする機会が増えてきたので、これを機に自分の名刺を作ってみることにしました。

通常の名刺と、活版印刷の名刺と2種類あります。

2種類に分けた理由としては

「活版印刷を試してみたかった」

ただこれだけの理由なのですが、あの活版印刷でしか味わえない質感を手に取って感じて、自分がデザインしたものがものになって届く喜びは、こうやって発注する機会が無いとなかなか味わえないものだと思ってます。

普段は予算の関係でなかなか特殊印刷をすることが出来ないこともあり、いろいろ調べつつ、わくわくしながら注文。

この段階でたしか2月中頃くらいだったと思います。本当は3月中にこの記事を公開したかったのですが、途中、撮影した名刺写真のデータが全部消失するなどのトラブルがあり、気づいたら4月も終わりが近づいていました・・・とほほ・・・

通常印刷の方はグラフィックさん(職場の方でもいつもお世話になっております・・・)

活版印刷の方は黒林堂さんで依頼しました。

通常名刺

まずはグラフィックさんの通常名刺から。

用紙は アラベール スノーホワイト160kg 、オンデマンド印刷です。

流石印刷大手さん、1週間程度で届きました。160kgなので厚み的には一般の名刺程度ですが、アラベールスノーホワイトは質感があって、ちょっと高級な名刺に見えます。色もしっかりと出ていて、素晴らしい仕上がりにうきうきしてしまいました。お値段も大変リーズナブルなので、手軽に作れるのも魅力だと思います。写真だと分かりづらいのですが、Kを90%くらいに調整し、コントラスト的に優しい雰囲気を出しているのも特徴です。

活版印刷名刺

次に、黒林堂さんの活版印刷名刺です。

100枚2万円と、決して安くはない金額ですが、大変美しい名刺が納品され、もう感無量でした。

活版印刷独特の、あのぷくっとした質感が欲しかったので、用紙は一番厚みのある、特Aクッション0.8、印圧はHeavyPressにしました。無料サンプルを取り寄せることができるので、気になる方は印刷見本をみてからご注文されるのがいいかもしれません。活版印刷初体験の私でも特に困ることなく発注ができました。

色に関しては、メインカラーに一番近い特色を指定しました。

かなり明るめな感じになりましたが、とてもかわいい・・・やはり特色はアクセントにとても向いていますね・・・

裏はこうなってます

さて、名刺もできたことだし、たくさん人に会うぞ~!と思っていたところ出て外出自粛になってしまったので、なかなか日の目を見ることが出来ない名刺たちですが・・・これからこの名刺を使いきれるくらい動けて行けたらなあと思う今日この頃です。

仕事用デスクの引き出しにいれているので、定期的に取り出してはにやにやしています・・・ふふ・・・